排卵痛の原因や症状


当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




排卵痛とは、排卵によって生じる痛みの事を言います。痛みが発生する原因は定かではありませんが、卵胞の発育や破裂などが原因である場合もありますので、痛いと思ったらなるべく早くしかるべき病院で検査を受けるようにしましょう。

自覚症状の無い位に痛みが出ない方もおられます。
心配過剰になられない事も、体のメカニズムを安定させる要因となりますので、気にしすぎず体をいたわるということに努めましょう。まずは、リラックスですよ。

排卵痛とは?


排卵出血について詳しく
なになに排卵出血




主な症状としては、おりものが普段より多く出たり、腹部に張りが出たりします。下腹部の痛みを伴う方もおられますし、出血がある方もおられます。

症状のひどい方では、ひどい腰痛に悩まされる方や、骨盤付近の痛みで、立っている状態でいられない程の辛い痛みを伴う方もおられます。

痛みのせいで、睡眠障害を招く方もおられるほど、激痛が続くともいわれます。
痛むことで眠りが妨げられるという方は、鎮痛剤などに頼ることも必要なのかもしれませんね。

排卵痛の症状





排卵痛の主な原因となるのが、肝臓の働きです。排卵日に肝臓の働きが低下すると、気のめぐりが悪くなり、痛みが起こると言われます。肝臓という臓器は、基礎代謝により活発化したりまたは、機能不全になってしまったりします。

ほかにもストレスや疲労(過労)、情緒不安定など、様々な原因が考えられます。
また、冷え性なども症状の悪化を招く要因となりますので、基礎代謝を上げる行動、例えば運動をしたり、マッサージをしたりという努力を怠らないようにしましょう。

排卵痛の原因





下腹部の痛みの抑制に最も効果のある対処法はピルを使うことです。しかし、ピルは避妊用薬品ですので、「私、子供が欲しいの」という方にはお勧めできません。

また、ピルはホルモンを人為的に調節する作用がありますので、人によってはホルモンバランスが崩れて、体調不良などの副作用が出る場合もありますので、使用の際は医師の指示のもと、正しい用法・容量を使うようにしましょう。

排卵痛の対処法





まずは冷え性の改善と基礎代謝アップ。この2点を改善するのだということを頭の隅っこに置いておいて下さい。

基礎代謝の向上には食事の前に毎日30分ほどのウォーキングをするなど、適度な運動を行うのが効果的です。

漢方や薬に頼りすぎることなく、あくまでも体をサポートしてくれる物であるということを忘れないでください。

漢方による排卵痛の対処





下腹部や腰痛のひどい方に多くみられるのが、内臓冷え性です。これは、下腹部あたりの体温が、常温に比べて明らかに冷たいので、ご自身で一度ご確認下さい。

食生活の偏りや不摂生など、気にかかる事などを抱えていたりするのではありませんか?
時期を計算して、タイミングを図り、痛みの緩和を目指しましょう。

バランスの良い食生活は、美容と健康面でも確実にプラスになりますので、毎日の食事を見直してみるのもあなた自身の為になることでしょう。

食事による排卵痛の対処





生理痛は生理のときに痛むのですが、排卵痛は排卵期に痛みが出ます。しかし、痛み自体は排卵前・後に出ることもあるので、痛みがあるから現在排卵日ということではありません。
排卵日での出血は、大抵2,3日程度で出血は治まります。この出血でのおりものの色は、生理出血とは違い透明色で、粘り気のある液体がでます。

症状は生理痛と非常に似ていることから、今月の生理が2回もあった!と思われる方も、少なくは無いと思われます。

排卵痛と生理痛の違い





排卵痛の時期は、主に排卵期に起こり、通常は生理が終わって約2週間前後が目安とされます。これは、基礎体温の高温期と低温期の上下が一番大きく表れたときに痛みが出始めるようです。

基礎体温の変化のタイミングを把握し、症状の軽減、願わくば治療に専念する基盤を作り上げてしまいましょう。

排卵痛の時期





時期がせまると、腰痛や腹痛に悩まされたりされてはいませんか?
また、頭痛がしたり、体に気だるさを覚えたり、女性の体というのは本当に繊細です。

では、チェックしてみましょう。

排卵の大体の時期は2週間前後ですが、本当に今排卵期なのかを知りたい!という方は是非ご参照ください。

排卵チェック





排卵期は妊娠しやすい時期ではありますが、痛みと戦っているこの時に妊娠したいと言うのはなかなか大変な話です。

妊娠のメカニズムを知って、うまく時期を活用することもできるのです。
基礎体温をきちんと検温しておき、記録する。そして、高温期・低温期を発見する。
この地道な努力が、いつかうれしい妊娠を授けてくれることでしょう。

排卵痛と妊娠の関係



排卵痛マニュアル  All Rights Reserved  サイト内の画像・文章等の無断使用を一切禁止します